【罪悪感なし】ローソンのクランベリーチョコレート

こんにちは、あみ@自宅警備栄養士 です😊

 

ローソンで罪悪感ナシのチョコレートを見つけてきたので、ご紹介していきます♡

 

クランベリーチョコレートは一袋で

 

 ポリフェノール 735mg

 食物繊維 4.05g

 

がとれるチョコレートです。

 

しかし、注意したい点があります。

 

カロリー

 

クランベリーチョコレート:ひと袋(50g) 256kcal

ソイクランチチョコ:ひと袋(35g) 171kcal

ココナッツシュガーチョコレート:ひと袋(32g) 184kcal

 

と前回ご紹介した

 

・ソイクランチチョコ

・ココナッツシュガーチョコ

 

と比べると若干高いのです。

 

内容量がもともとクランべリーチョコの方が多いので、100g相当になおすとカロリーはすべてどっこいどっこいです。

 

しかしあればあるだけ食べてしまうので一袋単位でカロリーは考えたほうがいいと思います。食べるときは注意してくださいね。

 

では、開封レポしていきます~!

 

クランベリーチョコレート

f:id:amiamiamigo:20200117213400j:plain

購入場所:ローソン

値段:198円(税込み)

f:id:amiamiamigo:20200117213637j:plain
お皿にあけてみました
f:id:amiamiamigo:20200117213735j:plain
だいたい1~2㎝の大きさです
f:id:amiamiamigo:20200117213858j:plain
クランベリーがチラリ・・・

食べてみた感想

カカオ分80%のチョコレートを使用していて、甘すぎないビターチョコの味とラズベリーの甘酸っぱいジューシーさがマッチして大人な味わいです。

チョコ&クランベリーの組み合わせは個人的にだいすきです!(笑)

食べているとプチしあわせを感じます😊

気になる栄養成分は?

f:id:amiamiamigo:20200117214717j:plain

 

ポリフェノールの良いところ

 

活性酸素が体内で必要以上に生成されると酸化や殺菌力によって正常な細胞傷つけることがあります。

 

それらの働きを抑える【抗酸化作用】がポリフェノールにはあります。

 

抗酸化作用を持つ物質は健康に対する働きかけだけではなく、美容に対しても極めて重要な働きをもちます。

 

過剰に発生した活性酸素は、肌の細胞にも悪影響を及ぼすため、シミやたるみなどの大きな原因となります。

 

クランベリーに含まれる抗酸化作用を持つ栄養素が、活性酸素を除去することで肌の細胞を健康に保ち、美肌に対して効果があると考えられています。

参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/cranberry/

 

クランベリー、ポリフェノールには女性にうれしいポイントがたくさんあるので

積極的にとりたいですね♡

 

今回の記事は以上となります。

「ポリフェノールが豊富だけど、カロリーが気になるなぁ。」

という場合は、一日に全部たべずに数日にわけて食べることをおすすめします。

 

ではでは、また罪悪感ナシスイーツをみつけたら報告します♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です