【実体験】オーストラリアでのホームステイ事情!食事は何がでる?みんなで食べるの?

 

こんにちは、あみーご@自宅警備栄養士 です😊

 

前回の記事では、ホームステイでかかったリアルな費用についてお話ししました。

 

amiamiamigo.hatenablog.com

 

初めて海外へホームステイされる方は、食事・洗濯・シャワー・家庭内のルールなど…日本とは全然違う生活環境なので、自分の常識が通じないことが多々あります。行く前は不安ですよね💦

 

今回は、私がホームステイで実際に経験した滞在中の食事についてお話したいと思います。このブログを見てイメトレ?をして、少しでも心配が解消されたら嬉しいです。

 

それではレッツゴー!

 

 👉目次

 

 

ごはんはみんなで食べるの?

 

ごはんのときって朝・夕ずっと一緒に食べるのかなぁ…?なんか緊張する…!と行く前は思っていました。

 

私のホームステイ先は、朝と夕食付プランでしたが

夕食だけ家族全員で食べるスタイルでした。

 

ホームステイファミリーはお母さん、息子さん、娘さんがいて私を含め4人で食べていました。

 

夕食の時は全員とお話しできるので、学校であったことを話したり、息子さん・娘さんの学校生活の話を聞いたりと英語を勉強するチャンスでした。

 

しかし、最初の1週間は相手の英語を聞き取ることが難しく、何を言っているのかサッパリわからない…(´;ω;`)ウッ…って感じでした。

 

このままじゃダメだと思い、自分から話かけようと夕食時には質問事項をメモしておき、話すようにしていました。質問内容は、日本には遊びに行ったことがあるのか、好きな食べ物はなにか、など簡単なものを2、3個を毎日用意していました。

 

数週間経ち、ようやく家族・英語にも慣れてきたなぁと思ったころにお別れ…だったので、もうちょっと期間を延ばせばよかった!と思いました。4週間はあっという間です。

 

 

朝ごはんは何が出た?

 

「コーヒーとトーストの朝食」の写真

 

食パン・シリアル・牛乳・紅茶が常備してあるので、その日の気分で好きなもの選んで自分で食べる仕組みでした。

 

食パンはトースターで焼き、バターとジャムを付けて食べていました。プラス紅茶を入れて飲んでいました。

シリアルの日は牛乳をいれてそのまま食べます。

 

朝食はすべてセルフでした。

片付けはやらなくていいと言われてたので、シンクの所に置くだけで大丈夫でした。

 

ファミリーたちはまだ起きていないことが多く、大体ひとりで食べていました。

 

日本の朝食をイメージしたら量と品数が少なくて寂しいですよね。

 

ですが海外の方は、朝はバナナとリンゴだけ、シリアルだけ、という方がたくさんいたので、途中で日本人がきちんと食べすぎているのかなぁと感じるようになりました。

 

 

夕ごはんは何が出た?

 

「芹(セリ)を使ったジェノベーゼ風パスタ」の写真

 

パスタ・ピザ・ライス・グリルサーモン・チキン・サラダなど・・・

 

ホストマザーの料理はとてもおいしかったです😊

 

日本の料理みたく品数が多いわけではなかったですが、ボリュームがありしっかり食べることができました。いつも同じメニューではなく、飽きることがありませんでした。

 

食後に「何か手伝うことはある?」と聞くと「片付けは、食洗器でやるから必要ないよ」と言われていました。

 

土日は公園へバーベキューへ行きソーセージやオージービーフを食べたり、

庭で娘さんが作ってくれたミートパイを食べたりとオーストラリアらしい生活を楽しめました✨

 

 

お昼ごはんは自分で用意していた?

 

「フードコートでパンを食べながらスマホを見る女性」の写真[モデル:塩田みう]

 

自分でいつも用意していました。

お昼すぎまで学校があり、いつも学校の中で食べていました。

 

私の滞在先はキッチンを使用することは禁止な家庭だったため、自分でお弁当を作って持っていくことはできませんでした。

 

なので、パンやバナナ・リンゴを購入しておいたり、学校近くにはテイクアウトできる店が多かったので、ランチのテイクアウトをしたりしていました。時にはクラスメイトと、ランチを食べに行くこともありました。

 

 

 

今回の記事は以上となります😊

 

ホームステイ滞在中の食事について、参考になりましたか? 

 

次回は、ホームステイ先の 洗濯・シャワー事情について お話したいと思います♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました