留学へ持って行って本当によかったもの6つ!

 

こんにちは、海外ドラマ「HEROES」が毎日の楽しみな あみーご@自宅警備栄養士 です😊

 

わたしは 9か月間 オーストラリアへ語学留学に行っていました。

 

行く前は「持ち物は何がいるんだろう~?」と思って、留学経験者のブログを覗いたりしていました!

 

実際に留学へ行ってみて「これはほんとうに持って行ってよかった~!」というものご紹介したいと思います。

 

逆に「これはもっていかなくて持も平気だった。」ものもご紹介します。

 

 

 

持って行ってよかったもの

ノートパソコン

 

私の場合、語学学校へ通っていたためスライドの作成にとても役に立ちました。

 

語学学校では、最低でも月に1度(多いときは週に1度)プレゼンテーションがあったのでよくPCを触っていました。

 

学校にもPCがあるのでなくてもなんとかなるのですが、家でゆっくり作業したい人は持っていくことをおススメします。

 

ワーホリの人は、レジュメ作りで必要だと思います。

 

しかし、図書館などでもPCを借りることができるので必須というわけではなさそうです。

 

 

変換プラグのタコ足

 

意外と電源箇所が少ない部屋があったりするんですよね…。

 

実際私の部屋は2か所あったのですが、いつもの指定位置(ゴロゴロする場所)から遠いという理由で1か所はほとんど使っていませんでした。

 

私はYAZAWA ヤザワコーポレーション 海外用マルチ変換タップ HPM6AC2USB2WH 924724を使っていました。

 

1度に3個の電源を使用できるのはありがたいですね!さらにオーストラリアのOタイプだけでなく、タイプA、C、O、BF、SEの5タイプのコンセント形状に対応しています。

 

YAZAWA ヤザワコーポレーション 海外用マルチ変換タップ HPM6AC2USB2WH 924724

 

 

変換プラグ  

 

タコ足で使用していない場所で使う時に利用していました。

 

これがなければ日本の電化製品は使えません。

 

オーストラリアはОタイプです。

 

値段は1個数百円でヤマダ電機などの電化製品屋さんに売っています。

もちろんAmazonでも買えます。

エレコム 海外用 電源変換プラグ Oタイプ 二重安全設計 T-HPAOWH

 

 

海外対応ヘアアイロン

 

オーストラリアで買おうと思えば買えます。

 

でも帰国するとき日本の変換プラグ買わなきゃ使えないんじゃ…?と思い、いっそのこと国内・海外対応のものを用意しようと思いました。

 

ヘアアイロンを持っていくときは、海外対応のものか確認していきましょう。

 

私はパナソニック ヘアアイロン ストレート用 海外対応 ナノケア 白 EH-HS9A-Wを使っていました。

 

国内・海外対応しています。ナノイーで髪がサラサラ、キレイに見えて、立ち上がりも約30秒と長く待つ必要がありません!朝忙しい方におススメです。

 

Panasonic公式サイトで詳しく見られます→https://panasonic.jp/hair/hair_iron/products/EH-HS9A.html

 

 

パナソニック ヘアアイロン ストレート用 海外対応 ナノケア 白 EH-HS9A-W

 

 

 

海外対応ヘアドライヤー

 

オーストラリアでもヘアドライヤーは買えますが、ドライヤーって初日からないと結構困るものだと思ったので、小さく持ち運びできるパナソニック ヘアドライヤー ZIGZAGターボドライ1200 青 EH5202P-Aをもっていきました。

 

日本で使ったときは「風力はそんなにないかな~。」と思っていたのですが、オーストラリアで使ったら十分な風力でビックリしました。電圧が違うと風力も違うのかな?ほんとに小さくて軽いので旅行にはぴったりだと思います。

 

 

パナソニック ヘアドライヤー ZIGZAGターボドライ1200 青 EH5202P-A

 

 

 

衣類

 

私の場合は背が小さく小柄の方なのでサイズが合う服があまりありませんでした

キッズサイズの方が合うという・・・。泣

下着類は1週間分は必須です。

 

オーストラリアは節水の国なので、ホームステイ・シェアハウスともに洗濯は週に1回だけ、というルールがありました。

 

また、サイズが日本とオーストラリアで違うので自分に合うものを用意しておいたほうがあっちで探す必要がなくて良いです。

 

あと、冬はヒートッテックを数枚持っていくと暖かくていいです。現地にもユニクロはありますが、日本より少し値段が高かったです。(冬が意外と寒くて現地でヒートテックを買いました。)

 

 

持っていかなくても平気だったもの

 

文房具類

 

語学学校があるので「ノートや付箋・ペンとかたくさん持って行こ~。」と思いたくさん持っていきました。

 

でもそんなに使いませんでした。笑 

 

ノートも2冊くらいしか使わなくて、余ったのは友達にあげて帰国しました。

 

あと、海外ならではのかわいいデザインの文具がたくさん売られているのでそれで揃えるのも楽しいと思います!

 

電子辞書

 

高校の時に使っていたものを持って行きました。

最初の1ヶ月頃はちゃんと使っていたのですが、だんだんスマホの辞書で調べるようになりました。

 

なくても勉強に支障をきたすことはなかったです。

 

あ!でも、友達(ブラジルの方など)との会話のネタになります。

 

電子辞書で調べていたら「それかっこいいね~」と話しかけてくれますよ😊

 

 

 

今回のブログは以上となります。

 

オーストラリア(ブリスベン)は必要なものは何でも揃っていて、ダイソーもあるので日本のものを買うことができます。

 

なのでそんなに心配していく必要はないかもです。

 

足りないものは現地調達で大丈夫です😊

 

みなさんのお役に立てればうれしいです!

 

ではでは😊 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました